ぷらねっとぐりーんのBlog出張所

趣味の写真、Linux/PC関係の備忘録など


スポンサーサイト

Check

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


←ポチッとよろしく!


  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

7月の美瑛にて / TAMRON SP 24-70mm F/2.8 Di VC USD

Check

7月中旬頃の美瑛です。
セブンスターの木

ちなみに、ここの周辺はこうなっていて、
セブンスターの木の周辺

自動販売機と、お土産屋らしき小屋があるのですが、
「どうしてこんなところに建てて景観をぶち壊すんだ!!」と思うのは私だけでは無いはず・・・。
せめて駐車場側に置くなどの配慮はできたと思うのですが、私有地でしょうから
他人があれこれ文句を言うのは筋違いというものかもしれません。

セブンスターの木の周辺

biei-120715-1994.jpg

biei-120715-2047.jpg

美瑛町 親子の木

こちらの周辺はこうなっていて、各地から写真を撮りに来た人達の車が停まっています。
美瑛町 親子の木の周辺
5D Mark2 / TAMRON SP 24-70mm F/2.8 Di VC USD / EF70-200mm F2.8L IS USM

[ここから先はマニアックなカメラの話です]

そうそう、今まで使っていたEF24-70mm F2.8L USMを手放してTAMRON SP 24-70mm F/2.8 Di VC USD を入手しました。
EF24-70mmのII型も気になってはいますが、それはさすがにちょっと。

このTAMRONの新レンズを使ってみた感想は、
・解像感はEF24-70(I型)より上。
・ボケ味は扱いづらい。撮影条件よっては年輪ボケが出る。EF24-70mm(I型)は開放での点光源が
 レモン型になるので褒められたものでは無かったが、ポートレート撮影等ではとろけるような
 ボケ味を堪能できた。
・しかしそもそも、ボケ味が欲しい時は50mm F1.4を使うので問題ない。
・手ぶれ補正は効く。
・フィルター径が違うので今までの77mm用が使えず涙目。
・軽い。(EF24-70と比べて)


まあでも、ボケ味を気にするのは一部の目の肥えた人達だけで、普通の人は気にならないかなと。
それよりも、EF24-70は北海道の氷点下マイナス20度でも正常動作してくれたけれど、このTAMRONの新レンズは如何に。

スポンサーサイト


←ポチッとよろしく!


テーマ:自然の写真 - ジャンル:写真

  1. 2012/10/08(月) 04:04:34|
  2. Photo/日本の風景
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:0


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。